茨城県の物価水準とは?

茨城県は東京からも近く、住みやすい県であるといえますが、物価はどうでしょうか。日常的に使用する生活雑貨や衣類などは東京や周辺の地域と比較してもそれほど変わらないといえます。大型店舗の多い都市部では、競争が激しいためか、多少安い傾向があるようですが、そのほかの分野でも、周辺地域とそれほど大差は無いようです。そのなかで目を引くのが、ガソリンや灯油などの安さです。東京や千葉と比べても同等か、あるいはそれ以下の店頭価格で売られていることがよくあります。茨城県には鹿島港などの重要港湾があり、大手石油元売会社の製油所もあることから、販売店までの輸送コストが安く抑えられ、販売価格に転嫁されないことが起因しているようです。電気やガス、水道などの生活インフラは市町村によってばらつきがありますが、平均的な値段のようです。また茨城県は全国でも特にエンゲル係数が低い県です。これは農作物や畜産・漁業等が盛んで、その出荷額が全国でも上位であることとの相関性は無視できない事象です。

茨城県の物価・景気についてはこちら:茨城県公式サイト